-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-29 07:00 | カテゴリ:Christian Life
ジャンル:携帯電話・PHS テーマ:iPhone
前回書いた、iPhoneとの出会いで変わったこと・・・の続きを
お送りしたいと思います。




1.どこでも聖書~♫

 
  お恥ずかしい話、私は最近めっきり聖書から遠のいていた。
  「忙しい」だけが理由ではなく、その言葉に対しての情熱そのものが
  薄れてしまっていたのが根本的な理由やと思う。


  でも、実質、や~っと子供達が寝て、1人の時間ができた!って時は
  聖書なんて難しいものを読んで頭を使うより、ネットで色々見たり、知ったり、
  mixiしたり、下界(笑)との接触が欲しい!という誘惑がとっても強かった私なのだ。


  それに、ゆっくり1人で聖書読む時間なんて限られてるし、必ずと言っていいほど
  邪魔が入るので、一度閉じるとどこまで読んだか忘れて、もう読む気を無くしたり・・・。
  読める!って時に聖書を探しに行って、開いて、って手間さえも
  邪魔臭いと思うほどの重症さ・・・。



  なのに!だ。こんな私が、朝遅ーく起きといて、一番にすることは、携帯チェック・・・。
  これだけは毎日欠かしたことがなかった!mixi&メールチェックも・・・
  育児に息詰った時は、キッチンに隠れて携帯でmixi開いて現実逃避ってことも・・・



  こんな生活習慣が嫌でしょうがなかった。


  そこで現れたiPhone4。


  アプリと呼ばれるソフトの中には、聖書があるのだ!
  私が持っている聖書訳とは違うけど、わずかな暇を見つけて、さっと携帯を取り出して
  聖書が読めるってなんて最高な環境。



  もちろん、紙の聖書で読むのが、やっぱりベストなような気がするが、
  それでも神の言葉に間違いない。読める時に読めるものを読むにこしたことはない、ね。



2.どこでもメッセージ~♬


  このiPhone。IPodが内蔵されてるためどこでも音楽やポッドキャストが聞ける!
  日中、マークがパソコンを持って行くし、(線に繋がれた)テレビもないので
  「クリスチャンの霊的栄養」を忙しく用事しながらでも得れるツールが本当に
  欲しかったのだ半分自己満かもしれないが、神様を褒め讃える歌や
  言葉を何気なく流しているだけで、部屋の空気が変わる気がする。


  夕食を作る時、マークが子供達と遊んでくれてると、イヤホンつけて、ポケットに
  iPhone入れてメッセージ聞けるってのが嬉しい!
  基本、何かしらずっと落ち着きなく動く人なので・・・w


まぁ、結局の話し、ちゃんと聖書を読めてて、日中インターネットがつなげる人
もしくはiPod持ってる人には、「な~んや・・・」的な営業トークで非常に
申し訳ないのですが、いやいや、iPhoneのすごさはこれだけではない!



☆家計簿書けちゃう。

 私が利用してるのは、Active Moneyってやつ。ちょっとお高いけど、毎年
 1000円くらいの家計簿を買ってた私にしたら安い買い物。

 昔はレシートを全部集めて書いてたけど、最後の計算がめんどくさくて
 記載だけして終わってしまい、反省も何もせず・・・


 そ~んな、人にはピッタリのアプリ!!月間予算も年間予算も組めちゃうよ。



☆ 用事リストが作れちゃう。



「今やらなくてもいいけど、後でやらないとな~」ってな用事を優先順位と
 期日ごとにまとめて管理できちゃうアプリ、M Todo。これはもうほんまに
 役に立ってます!!主婦の人やと、自分の用事だけでなく、家族のために
 せなあかんこと、とかで何かと細かい用事が多いんやと思うねんな。
 で、それを書いた紙自体をなくしちゃう、とかさ。←私はコレ。


 何ヶ月後までに達成するべき予定までかけるから、スケジュールを組むのに、
 また要領よく実行できるようになるのでいい時間管理にもなるかも。
 これも無料ではないけど、100円か200円くらいやったと思うので、ぜひ
 お試しあれ!




他にも、レシピはもちろん、オーディオブックや絵本、生理カレンダーなどなど
女性や小さい子供のいる主婦の方にとっても便利なアプリがたくさんあります☆




でも、注意しないといけないのが、携帯依存。
中高生など、若い人の間だけでなく、主婦の間でも急増しているらしい。


便利なものでも、やはり「人とのコミュニケーション」が一番大切!
自制をもって、自分のライフスタイルに役立つものを取り入れていきたい
ですね。



次回は「大切なお知らせ」があります!
あ、最初に断っておくけど、第3子、じゃないからね
 
スポンサーサイト
2011-01-05 00:45 | カテゴリ:今日のごはん
ジャンル:携帯電話・PHS テーマ:iPhone
明けましておめでとうございます
みなさま、今年もM&Mのブログをどうぞ宜しくお願い致します。


突然ですが、私は30年間という人生の中で、人生を変える大きな出会いを
5回経験してきたと思う。


1つ目は、「愛」である聖書の神との出会い。


2つ目は、その「愛」を共有し、与え合い、共に学び成長することの
できるパートナー、マークとの出会い。


3つ目は、その「愛」を、無償で与える喜びを学ぶために
私達夫婦に捧げられた長男ノアとの出会い。


4つ目は、「私って結構『愛あるお母さんかも~」なんて
高慢であった私を根底から覆し、謙遜さを学ばされるために与えられた
次男タカとの出会い。


そして、2011年の1月1日。
私は再び、人生を変えるべく大きな出会いをしたのである。


それは・・・


「あぁ!忙しい!!疲れた!もう聖書読むより他でリラックスしたいさ!」
と初めの愛の言葉を忘れかけてた私に、その情熱を再び燃え上がらせてくれている
iPhoneとの出会いである。



お恥ずかしいことに、つい先月末まではiPhoneなんて名前しか知らなかった私。
マークの誕生日プレゼント候補の1つとして、電気屋に話しを聞きに行ったが最後。
瞬く間に、その魅力的な機器の虜になってしまったのだ




もちろん、既存の携帯に比べ不便なことは多少あるよ。使いこなすには、自発的な調査、
かつ自分のライフスタイル分析も必須な気がする。
でもでも、それ以上にこの携帯の持つ可能性の深さに驚嘆する!!!!


なので、次回は 「iPhone×クリスチャン~子育て中の主婦編~」をお送りしたいと
思いま~す。乞うご期待!?



2010-11-04 00:19 | カテゴリ:今日のごはん
ジャンル:就職・お仕事 テーマ:就職活動
先日書いたエントリー。一度更新したものの、もっと深く考えたくて下書き
保存してる間にはや一ヶ月。なまけもの主婦、おそろしや~。






タイトル通り、わたくし、新卒就職セミナーに参加して参りました。
といっても、もちろん「学生」としてではなく、「スタッフ」としてです。

ノアが産まれる前まで、様々なバイトはしてきたけど、大学卒業1年後に
結婚したため、ほとんど就職活動もせず、正社員として企業で働くことが
なかった私。(マークが正社員として働くのをあまり好まなかったため)


実はそれが、ずっと心のどこかでひっかかってた・・・。


「社会人」経験のない世間知らずの専業主婦。
資格も社会経験もない専業主婦。
厳しい現実社会から目を背けてる甘えた専業主婦。



「社会人」として働く人々を羨望のまなざしで見つめ、尊敬し、
自分の能力や知識を恥じることが多かった。
(ビジネス)マナーのない私の評価がそのまま子供への評価になるんじゃないかと
心のどこかでずっと恐れてた。



別に、誰かに何かを言われたわけでもないのにさ。


だから、そんな自分の恐れと立ち向かうため、最大限自分に出来る挑戦として、
「マークの冬休み期間中だけ外で働く」計画を立案したのだ。


もちろんこんな短期間なので企業さんは雇ってくれない。そこで白羽の矢が立ったのが
ビジネス系イベントのコンサルタント会社である。毎イベント事に招集がかかる
スタッフなので、いわば派遣。でも、これなら企業さんとの関わりも出来るし、
就活も覗けるってことで、いい社会勉強になるかな、と思って登録してみた。



昨日と今日。さっそく仕事に行ってきた。(本番は12月から)
関西最大の企業発見セミナーだけあって規模がでかい。スタッフも多い。
そして仲間はほとんど大学生 (笑)

ふふふ、ばっちり大学生と信じて疑われてへんかったで


あんなに恐れてた「社会」。このたった2日間の間に、とっても大切なことに
気づかされた気がする。



それは、「神様が教える原則は、不変でどこにおいても通用する」ものであること



専業主婦として、育児と家事に追われるだけの私は、社会には必要とされへん
人間なんやな、と勝手に思ってたけど、決してそうじゃない。
神様を愛し、神様が望む生き方をし、神様に似た者と造り変えられていきたいと
願う者は神様が導く場所にいるならば、どこに行っても絶対に用いられるんやって
強く確信したさ。



そして、ビジネスマナーを教えることがでけんくても、「聖書の原則」を教える
ことができるなら、子供達はきっと社会に通用できる人間になるんやな、とも
強く実感できた。



専門知識、経験は後からいくらでもついてくる。
まずは、その子自身の安定した人格形成が必要不可欠なんやんな。
人を愛し、悪口を言わず、謙虚で誠実、勤勉な労働者。
やっぱりこれこそが根本的に必要なことなんやろうと思う。


うちはその「土台作りをお手伝いする仕事」に集中していったらええんやん
半ば強引、いやいや、心からそう思えたのがほんまに感謝。



ってゆーか、箴言31の理想の奥さん像もまさしく企業が求める人材でしょ!
(いやいや、もちろんうちがこんな人とはまだまだほど遠い存在であることは
 言うまでもないが・・・)





知識のあるもの、いわゆる「やり手」と呼ばれる優秀な人材はきっと沢山いると
思う。でも、うちは完全に忘れてたよ!!一番の強みである「神様」の存在を。


なんや、家でも「優秀な人材」になる特訓できるやーん、って


全然知らない世界だけに、なんか必要以上に「社会人」(特にビジネスマンのおじさん系)を
恐れてたけど、(なんや、このマナーのなってへん母親はっ!って怒られそうで
なんか怖くって・・・)せやんな、神様の方がこのおじさん(って言ってる時点で
かなり失礼やけど 爆)よりも賢いし、力あるしな、って思ったらあんま怖くなくなったよ。


もちろん、恐れがなくなる=態度がエラそうになるってのとは違う。
尊敬もするし、学べることはたくさん学ぶ。でも、それ以上に神格化する必要
ないんやんな。


あとさ、「厳しい競争社会で働く人の方が偉い=価値がある」っていう図式も
なくなってきたのでなんか嬉しい。
というか、そもそもどっちが「偉い」っていうのはないんやもんな。
主婦にも社会人にも大変なこと、楽なこと、嬉しいこと、辛いことがあるのであって。



会社での失敗は、莫大な金額の損失と多大なる人間に被害を被ることがあるけど、


家庭の崩壊、育児の失敗は、それ以上に大きな損害を被ることだってあると思う。
1人の人間が成長した時、社会に与える影響は、誰にも分からへんもんね。
難病のための特攻薬を発見する医者になるのか、大量殺人を指導する
犯罪者になるのか、それは毎日の時間の流れでは中々気づかへん方向性やと思う。



会社での業務には専門知識や経験、資格なんかが必要なものが多い。
先輩や上司に叱られながら、失敗しながら成長して行くけど、


子育てには、マニュアルなんてない
専門知識とは子供自身のこと。その子にあった子育て計画書を、ほぼ毎月ごとに
練り直す必要あり・・・。





外での仕事もめっちゃ楽しいし、やりがいもあるけど
やっぱりうちのフィールドは、この家での家族マネージメント業務なんやな、と
改めて実感したよ。そしてそれが決して「劣ってる」役割じゃないことも。



もちろん、外部の人からの評価や感謝の言葉、自分の名前の書かれた「給料袋」は
誘惑やけどな




おっと、忘れちゃいけない、もう1つの神様の素晴らしい計画
な、な、なんと!うちが面接に行ったそのイベントコンサルティング会社には
うちの大学時代の友人が働いていたのだ!!!!!!


小さなインターナショナルスクールで、卒業生は世界各国・日本全国に広がってるので、
関西の企業に勤める友人はごくごく僅か。その中の1人に、しかも同期(厳密には
後輩)に会うなんてと、神様が与えて下さった不思議な再会に、
今後の計画を期待してます。というわけで、ノアのHSが始まる前の社会勉強、もう
ちょっとしてみようかな、と思ってます。



今年(ってもうすぐ終わりやけど・・・)の目標は「挑戦!そして変化!」です。






2010-10-02 22:03 | カテゴリ:What God has done for us
ジャンル:育児 テーマ:ママのひとりごと。
なんと6ヶ月も未更新でした。
なんたる怠け者・・・

mixiばっかにつぶやいたり、自己満日記を更新して1人楽しくしてる合間に
いつの間にか、ブログが遠ざかってしまってました


読者の皆さん(ってまだいてるのか謎やけど)お久しぶりです。
完全復活宣言・・・です?


6ヶ月の間、何をしてたか・・・。語り尽くせないくらい濃い日々
やったのは確かやけど、皆さんにシェアできるほど人間的、霊的に成長
したか、と問われれば、大きな疑問が残るんですけどね。


とりあえず、神様はBIGで恵み深い、愛なるな方やな、ということは確信を
新たに前進させてもらってるんですけどね、はい。
ほんと弱い、ヨワイ、イタイ私です。


あえて、TOP10の出来事を紹介させてもらうとすれば・・・(重大度の順不同)


1. 夏、灼熱地獄の日本を脱出し、2年ぶりの快適アイオワ生活を堪能
  (ちなみにわが町、全国1の暑さを数回獲得してますw)


   いや~ほんとに素晴らしいひと時でした。トラブル、アクシデント続きは
   我が家の旅には当然のごとくつきまとってましたが、神様の恵みと完璧なまでの
   計画にただただ脱帽するばかりの旅でした。



2. クリスチャンになって10周年の年。はい、私三十路街道突入で~す



3.  ノア3歳4ヶ月、タカ1歳10ヶ月になりました
   子供達の成長記録、絶対に一言でまとめられません



4. 関西のホームスクール交流会が、9月23日、我が母校KIUで実施されました
   次回は2月だそうです~



5. 友達に紹介してもらった教材を手に、1日10分からのホームスクーリング
   始めました。

   教材が素晴らしく使いやすく、質が高いからか、ほんと楽しく、無理なく
   続けれてます。といっても、まだ3週目やけど



6. タカ、卒乳完了。約4年ぶりに、「お薬飲んでも大丈夫」宣言。
   (ま、薬好きちゃうからあんま飲まへんけど)
   と、こんなグットタイミングな時に、歯茎に埋まってる横向きに生えて来てる
   「親不知、抜いときましょか」と歯医者に宣告される。



7. アメリカでちょいはまりかけたランニング。場所も時間も機会もあまりなく
   あっさり遠のいてしまったので、代わりのエクササイズを模索中、モムチャン
   ダイエットに遭遇。ダイエットには興味ないけど、「健康的な美」という
   コンセプトに魅了され、オークションでDVDゲット

   目標肩こりと腰痛緩和。
            体力UP。
            出産、育児、授乳でダメージを受けた部分の補正
            
    
    4枚あるだけに、毎日飽きずに運動できてます公園で走り回る
    子供を追いかけるってほどの運動もでけへんだけに、今の間の体力作りはほんまに大切
    やんね。


    いつにないパッションに、マークも喜んでます


8. タイマー導入生活。


   まぁ、色々あって(超ネガティブな葛藤、悩み、落ち込み話省くw)もっときっちり
   したスケジュール生活をしようと、苦手な逆算でのタイムスケジュールができる
   ように、タイマー使い始めました。5分くらい・・・のゆるまった気持ちを引き締めれる
   よう、今頑張ってます




・・・う~ん、思い返してみるとビックな出来事はこのくらい??10も挙げれんかった
といっても、アメリカ旅行や子供達との生活に、色んな素晴らしい(&葛藤)の
出来事がたっくさんあるんやけど、書き出したらキリないので、今日はこのくらい。



また気が向いた時、フラッと書いてるかもしれませんので、その時は
どうぞフラッとコメントでもお願いしま~す





2010-04-01 22:37 | カテゴリ:今日のごはん
ジャンル:ライフ テーマ:ひとりごと
先日、家族で動物園に行ってきた。数ヶ月間ずっと懇願してた願いが
叶ったノアはめっちゃはしゃいでた。家族でたくさん思い出の写真も
撮ってきた。


しかし、事件は、そんな夜に起きた。


ノアに着せて行った、超お気に入りのハナアンダーソンのダウンベストの
汚れが目立ってきたので、しんどいながらも洗濯することにしたのだ。
あーこの判断が運命の別れ道だったとは・・・


数十分後。落ち着きを見せた洗濯機。もうひとふんばりや、とフタを
開けると、なんとっ!!!



洗濯機は青で染まり、周囲には羽が飛び回り、中央には無惨にも横たわる
切り裂かれたノアのダウンベスト・・・。



あっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ショック過ぎて思わず叫ぶ。最近涙を流して泣くことなくなっていたうちが
涙をポロポロこぼしながらマークに泣く泣く事の事情を話す。


たかが、子供の服。なんでそんなに悲しかったのかと言うと・・・


1.ノアのために買った初めての(うちにとっては)「高い服」だったこと。
 
  今まではほとんどプレゼントかお古やったんやけど、サイズが合わへんく
  なって来たし、ジャケットくらいいいのを買ってみようと、選びに選び、
  セールになるまで待って待って半額で買った思い出の服やった。


2.大好きなハナアンダーソンのものだったこと。

  基本的にうちはブランドもの興味ないけど、ここは別。
  会社理念、デザイン、素材かなり好き。値段はるので、ebayで
  中古欲しい!と懇願するくらい気にいってるとこ。素材がいいので、
  よれたり、のびたり、色あせたりあまりしない。2人の男の子に
  使い回すにはええかな~と思ったり。(もちろん外遊び用には
  贅沢なので、着せないけど


3.自分の洗濯方法の選択ミス。

  
  わざわざ高い長持ちするような良い服を選んだのは10年計画が
  あってのこと。ノア→タカ→我が家の下の子達(青なので女の子でもOK)と
  代々着せて行くことを考えてたのに・・・。環境を考え買い捨ても控えようとの
  思いもあったのに・・・あ~おバカさん。


悔し涙を流しながら、ノアによく似合った真っ青なベストをゴミ箱に勢い
よく捨てると傷口から、ちらばるグースの羽。


動物園で撮った写真が、遺着の写真になろうとは・・・。



でも、その時、うちの心に未読のまま後回しにされてた神様からのメールに
気がついた。
痛い、辛い経験を通して諭してくれた最近のうちへの愛の戒めメール。


それは、暮らし向きの自慢、世を愛するようになってきたうちの心への警報。


そういえば、最近暇があるとネットショッピングをしたり、見たりしててんな~。
別に買い物自体は悪くないし、色々吟味して賢く買うことはいいことやと
思う。実際、誰かが物買わへんと、経済動かへんし。


でもな、やっぱその動機はいつもいつも正しかったとは言い切れへん


うーーー認めたくないけど、心のどこかには、


• ママに見えへんキレイで若いおしゃれなママになりたいわっ
  →あ、それには絶対○○が必要!これがないとあかんかも・・・。


• ダサイ格好をさせられてかわいそう・・・と他の(ママさん?)に思われたく
  ないから、子供のファッションもちゃんとしなきゃ。

• ○○○があったら、幸せになれる、リラックスできる、よい人生になる
 だから○○○買いたい!



まんまと周りの人やメディアの影響受けてましたね、ワタクシ


で、さらに神様からのメールは届く。


事件の翌朝。いつものようにノアがバイブルストーリーを読んでいると、
同じくいつものように、金の牛をおがむ人々の絵が書いているページを見て

"That's not God. This is an idle!" (これは神様じゃないよ~。これは偶像だよ)
と言う。

よしよし、我ながらいい息子に育ってるわ、とほくそみながら次のような
質問をしてみた。


" Can an idle help or save you??" (偶像はノアを助けたり、救ったりする?)
 "No!" (できないよ!)
 
"Who can help(save) you?" (誰がノアを助けたり、救ってくれる?)

"Jesus!"  (イエス様!)

"Can an idle make you happy?" (偶像はノアを幸せにしてくれる?)

"No!" (できないよ!)

"Who can make you happy?" (誰がノアを幸せにしてくれる?)

"Jesus!" (イエス様!)



・・・ここで再びうちの目が開かれた。いや、文字通り開かれた。
ここ数日ノアがしきりに「これは神様じゃないよ。偶像だよ」ってよく
言うな~、って思ってたけど、なんと、これは神様がノアを通して
うちに送ってたメッセージやったんや


そうやな、服や化粧品、もちろん必要やし、これからも買うと思うけど
これこそがうちをハッピーにしてくれるものや!と知らず知らずに
偶像化してしまってたんやな・・・。


認めて悔い改めるのに時間がかかり、神様は強行突破に出たんやけど、
切り裂かれた服を見て、「あーこれがノアじゃなくてよかった・・・」
と心底思い、外見でなく、もっと中身に焦点をあてなきゃな、と
改めて思わされました。いや、実に深い学びでした。



でも、最近まで女子力に無縁やったうちが、最近おしゃれって楽しいかも☆
と思えるようになったのは悪いこととはちゃうと思うんやけど、
未だに、バランスの取り方は難しいなとも思う。


おしゃれなクリスチャンの皆さん、どうされてますか~?




  
 

!-- FC2カウンター ここから -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。